RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
巨人の川上と長嶋と堀内と
川上哲治が亡くなった。それに関するテレビ番組は、これからもしばらくは出てくるだろう。

今日のお昼、有給を取ったクミゴンといっしょにすし屋でランチしたが、そこでやっていた番組が印象に残った。

音は聞こえなかったが、セリフが字幕で出ていたので、よくわかった。

堀内が思い出話をしていた。

阪神戦で江夏が投げていたとき、長嶋が2打席連続三振して、ベンチに下がってくるとき、
「いやあ、今日も江夏は打てません」
と言ってきた。それを聞いた川上監督は、普段は喜怒哀楽を出さない人なのに、
ものすごい怒った。

「長嶋、お前は誰よりもいい待遇を受け、誰よりも給料をもらっている。日本の4番打者だ。そのお前が打てなかったら、他のやつはどうすればいいんだ!」

もう少し長いセリフだったが、大体このような内容だ。

次の打席、長嶋茂雄はホームランを打ったという。

翌日の新聞には長嶋の談話が載っていた。
「前の打席の後、川上監督に激励されまして」

他の選手はみんな大笑いしたという。違う、違う、あれは怒られたんだって。

私はてっきり、「激励」と言い換えて、川上監督に気を使って、えらいなあ長嶋はと思ったのだが、そうじゃなかった。素で激励されたと思っていたとのことである。

長嶋の勝ち。


ちなみに、私が監督でもその長嶋のセリフには激怒した、間違いなく。テレビ見ながら、ナニ?とカチンときたからね。

ところで、川上の業績としては、なんといっても不滅のV9がある。選手がよかったから当然という意見がある。選手がよかったのはまず間違いないだろう。戦力は抜きん出ていただろう。そりゃあ、圧倒的に有利だったろう。

でもね、じゃあ、あなた、当時の巨人の監督やって、9年連続で日本一になれますか?
その監督は、誰でも務まりましたか?
author:混沌, category:考え事・感じたこと, 02:31
comments(1), trackbacks(0), pookmark
「ねじれ解消」という魔の言葉
「ねじれ解消」というのをキーワードにしたのは、実にうまかったと思う。誰が考えたんだか。
「ねじれ」てたら、いかにも元に戻さなきゃという気になる。

民主党が政権をとったのは2009年だなんて、そんな昔だったなんて、正直自分の書いた記事を見てびっくりした。
http://konton57.jugem.jp/?eid=19

あれは『二十世紀少年』ではないが、民主党の「終わりの始まり」だったと思っていたし、実際そうなったといって間違いないだろう。私は自分の予想が当たったこと自体はうれしくて仕方ない。

そして、今回の自民党の勝利。日本がいよいよ間違った方向に突っ込んでいくのではないか、不安でたまらない。

私は2009年の時点で政界再編を予想したし、期待したが、そういうことはなかった。
これについてはハズレだった。だから面白くないのも確かだ。

今回の結果は、結局、自民党しかないのかという諦めの意思表示だと思っている。
けっしてアベノミクスが支持されたわけではない。

そもそも株価が上がって得をしたのは、一部の人だろう。
株価が上がって、なんとなく人びとの「景気」がよくなり、本当に景気が上向けばそれに超したことはないが、
アベ「バブル」の警戒感もぬぐえないのではないか。

私自身は、「民主主義のため!」に自民党には入れなかったが、まともに考えたら、入れたいところはなかった。

仕事が朝からあるし、棄権するつもりだった。朝7時から投票ができるというのを知ったのは前日の夜で(いかんせんいつも終わりの時刻ぎりぎりに行っている)、朝、一人で出勤途中に、白票で出そうかとさえ考えていた。

今回の選挙の結果が、日本の「終わりの始まり」にならないことを祈るばかりである。
自民党は、一発で終わるようなアホなことはしないと思うが、緩やかに間違った方向に進んでいき、
気がついたときは後戻りできなくなっていたということになりそうで、怖くて仕方がない。
author:混沌, category:考え事・感じたこと, 22:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
民主党代表選
あの、世論の前原人気、顔で選んでんだろ? 顔って大切だよね、やっぱり。 自民党の派閥政治は散々国民に嫌がられたが、民主党も似たようなもんだな。 まあ、人が集まるというのは、そういうもんだと私は思っているが。 誰が新総理になっても、内閣支持率なんて、最初仮に高くても、半年もせずにどうせ下落するでしょ。
JUGEMテーマ:政界批判
author:混沌, category:考え事・感じたこと, 11:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
内閣不信任案提出
本当に国のことを考えてやっているのか? 内閣不信任案を可決させて内閣総辞職なり、衆議院解散になったりして、それが本当に国のためになるのか? 政治的空白ができるだけじゃないのか? 今の政府がいいとは言わないが、では誰がやったらいいんだ?
author:混沌, category:考え事・感じたこと, 00:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
そろそろ娯楽番組を!

地震発生から1日半近く経った。被災に遭われた方々にはかける言葉も見当たらない。うちの職場にも宮城県出身の者がいる。結婚式のために親族一同宮城にいなかったので偶然まともに地震に遭遇することはなかったが、家屋のほうはおそらく壊滅しているだろうという。また、彼の友人には、海に近いものも多く、希望があまり持てない状況だという。

地震のあった昨日、私はたまたま休みで、娘といっしょに家の中で揺られた。地震が収まってからしばらくして、テレビをつけた。そのあと、どこの家でも似たようなものではないかと思うのだが、ずうっとテレビはつけっぱなしにしていた。何か情報が入るかもしれないと思うと、怖くて消せないのである。その後に報道された、すさまじい破壊力をもった津波の映像には、画面に釘付けになった。何度も、何度も、食い入るように見た。余震とその情報とともに、神経が高ぶり、そして疲弊していった。

興奮しながらも、コタツで寝入ってしまったのは覚えているだけでも2度。今朝、職場に呼び出されることが決まってからは、少し気持ちが前向きになった。そして、いっしょに働く仲間の顔を見ると、だいぶほっとした。それに、街中がいつもより静かな感じがした。

職場にいたのは3時間半ほど。家に帰ると娘がうれしそうに飛びついてきた。屋上で日没近い太陽を娘といっしょに見た。雲が多い。このあと日没後の水星の観察と写真撮影をするまでの時間のつなぎにテレビのスイッチを入れる。管総理の、そして枝野官房長官の記者会見。今度は原発か・・・。水星は雲が多いせいか、建物にもう隠れてしまっているのか見えなかった。そのあとは、ひたすらコタツでテレビ・・・。これまでに私が見てこなかった新しい映像が流される。食い入るように見る。そして、疲れる。いつの間にか寝る。偏頭痛とともに目覚め、そしてまたテレビを見る。

各局、どこも報道合戦。いろいろな角度から見られるので確かに退屈しづらい。しかし、どこそこで何人死亡、行方不明、そして津波の映像。こういったものばかり見ていると、いい加減気が滅入ってくる。挙げ句に緊急地震速報が入って、リアルに地震。職場にいたときの幸せな感じを思い出した。あそこには日常があった。そして、テレビがなかった。地震の報道がなかった(本社からの指示はあった)。それでわかった。

そろそろ、地震の報道と並行して、民法各社は、通常の娯楽番組もいくらか流してほしい。そうしないと、どんどん気が滅入ってくる。お笑い番組を流そうものなら、不謹慎と多数のクレームも入るだろうし、だから流せないということもあるだろうが、本当にこのまんま報道番組だけでいいのか?非常に気になる。まあ、ケーブルテレビなどではいろいろやっているのかもしれないけど。

author:混沌, category:考え事・感じたこと, 23:46
comments(1), trackbacks(0), pookmark
せこい自民党、無理な民主党
前原外務大臣が、法に触れる外国人から献金を受けていたというのにはびっくりしたが、その額が1年間でたった5万円と聞いて、これまたびっくりした。法律を守らないのはまずいが、たったこれだけの額で追及をしている自民党はせこい。あきれた。 民主党は、こうやれば財源があるということで「バラマキ」ができるといって政権をとったはずだが、やっぱり財源がありませんでしたというところで、解散総選挙で民意を問うべきだった。もう民主党は、どうやっても、無理。 小沢はずしをして支持率を上げようとしているのも、もはや遅すぎた。しかし、小沢の力がなければ選挙は勝てないのだろう。いずれにしても、もう民主党は破綻している。 もうだいぶ前だが、週刊誌の見出しで「民主党、期待通りに期待はずれ」というのが出ていて、座布団1枚と思ったよ。 民主党は、分裂したら、きっともう再起不能。小沢を中心に新しい政党を作っても、ある程度選挙で勝てても国民的な支持率はまず得られない。みんなそんなことわかっているから、民主党は分裂もできないし、かといって一枚岩にもなれない。つらいねえ。 では自民党はというと、民主党がダメなら仕方なしにまた自民党かということになる。民主党自体も消去法で選ばれただけだもんねえ。民主党が選ばれたのではなくて、民主党しか投票先がなかっただけの話。これがまた選挙になったら自民党しかないかあという淋しい話。 自民党を割った上での政界再編でないと、小粒政権の繰り返しとしか思えない。ああ、悲しいねえ。 それに、政治の体制が変わっても、結局のところ、問題は経済。政権交代しても、経済はそんな急に変わらないでしょ。 国民には犠牲を分かち合い、その上で長期的な視野を持って経済を立て直せる見通しを、説得力を持って語れるリーダーでないと、総理大臣は務まらないんじゃないかなあ。そんな人、今の政治家にいるのか?
JUGEMテーマ:政界批判
author:混沌, category:考え事・感じたこと, 01:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ゴッホの思い出
ゴッホという画家を知ったのは、子供のころに見たアニメ番組の『まんが偉人伝』でだった。ここに登場した偉人たちはそこそこの数にのぼると思うのだが、そのうち覚えているのは残念ながら数人しかいない。そのうちの一人がゴッホである。

その中でも覚えているのは、断片だけ。人が評価してくれる絵を、ゴッホ本人は否定していたとところ。そして、これは記憶の取り違えかもしれないが、自分で満足した絵を描けたときは、評価してもらえなかったこと。そこだけである。

次の思い出は、確か中2のときの美術。死後50年たってから絵が評価されたというのを教わった。テストにも出るから覚えなければというのもあったが、先生が「死後50年もたってから」というのを感心しながら強調していたのを覚えている。他にも画家について習ったはずだが、ゴッホしか覚えていない。

その先生は、中1から中2の途中?まで教わっていた先生が育児休業のため休んだので、代わりに来た先生だった。その先生の娘さんとは、同じ高校の同じ学年に通うことになるとは、もちろんそのときは予想だにしなかった(高3になってから、娘さんとは何度かお話をした)。

その次で最後は、大学の英語。大学1年だったか2年だったかがどうも記憶があやふやで自信がない。多分1年の前期だったと思う。内容は美術史だった。当時、絵についてほとんど知らなくて、いろいろ知りたかったところなので、ちょうどよかったと思ったのを覚えている。しかし、残念ながら、やった内容はほとんど忘れた。そのときのテキストも、実家にあるか処分してしまったかのどちらかである。

その中で覚えているのは、「本音を言えば、他は忘れてもいいから、ゴッホだけは忘れないでほしい」と先生が強調していたこと。和田勉のような顔をした先生が、ここにはめずらしく感情を込めたところだった。私はまんまと先生の策にはまり、確かにゴッホだけは覚えている。

以上、ここまでで、ゴッホについての思い出というか、記憶に刻まれた3つの出来事であるが、肝心のゴッホの絵というのがどういう絵なのか、この時点ではわかっていなかった。

どこでこれがゴッホらしい絵というのがわかるようになったのか、どうも記憶が定かではない。大学の先生が、「革命的だ」というのを確か言っていたので、それから少しずつゴッホの作品を何かで見るにつけ、なんとなく身についていったのではないかと思う。もっとも、何か絵を見せられて、ああ、ゴッホですね、とか、ゴッホっぽいですね、とか、本当にわかるかどうかはとても怪しい。

黒澤明監督の『夢』でゴッホが出てくるが、テレビでそのシーンを見るまで、ゴッホが自画像を描くのに耳がうまく描けないからと耳を自ら切り落としたというエピソードを思い出すことはなかった。『まんが偉人伝』でも、中学の美術の時間でもその話は出たのかもしれないが、少なくとも、記憶にない。どこかでその話は聞いたことが確かにあるのだが、それがどこなのかは思い出せない。家族や友人とのさりげない会話で出てきたのかもしれない。

4月18日の読売新聞の日曜版の東京都調布市のライトアップされた野川の桜の写真を見て、しばらくしてから、そんなことを思い出した。

その写真はスキャンをして、手元に保存はしてあるが、著作権の関係があるので、WEB上に許可なく出すことはまずいだろう。代わりにというのも変なのだが、1年前にほぼ同じ場所で撮ったと思われる見事な夜の桜の写真があるので、以下にリンクをはっておく。ゴッホとは外れるが、ぜひご覧あれ。
http://kaze.tea-nifty.com/note/2009/04/kaze777-a9bb.html
ここの画像を見てから、もう一度日曜版の写真を見ると、きっと面白い。
author:混沌, category:考え事・感じたこと, 11:41
comments(2), trackbacks(0), pookmark
子供手当てなんていらない
いや、もらえるもんはもらうよ。
うちだけもらえるものを拒むってことはしない。
うちは二人分該当するから。
でもね、ばら撒きやるのは反対。

将来さらに借金作って、それを後の世代に押し付けているだけじゃない。
それに、金出してやっから、子供つくんなって言われているみたい。

公立高校無償化も反対。
いまどき、お金がなくて、高校に行かれない人が、どれほどの割合でいるのか。
もしもそういう人がいるのなら、奨学金のほうを厚くすればいい。
一律無償化してどうする。

小中学生の教科書だって実費販売でいいと思うぞ。
それでこそ、教科書論議にみんな本気になるろう。

みなが一律で貧しい時代はとうの昔に終わった。
裕福なところにまで、財源がないのにお金をばら撒いてどうする。
貧しいところにばら撒くのも反対だ。
もしも貧しいのならば、そこから脱出できるように手助けするためにお金を使うべきだ。

財源があると主張していた民主党の主張はやはり間違っていた。
民主党は、「公約は実現できませんでした。すみません」と言って解散・総選挙にするべきだった。
そして、新たな実現可能な公約を作り直し、それを世に問うべきだった。
もちろん、民主党が野に下る危険性、可能性は高まる。
しかし、このまま、ばら撒き路線を突っ走ったほうが、日本が沈む危険性、可能性が高まる。

それにしても、自民党も情けない。今度の選挙は、いったいどこに投票すればいいのだ。

JUGEMテーマ:総選挙2009
author:混沌, category:考え事・感じたこと, 00:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
さよならYahoo!BB
今日でヤフーBBとの契約は終わり。悪くなかったけど、もはや一番安いわけでもなく。
知らなくて、けっこう損してた。
しかも、他社に移ると電話すると、なんと、割引サービスがある。
もっと早く知っていれば。と同時に、そんなあこぎなことをする会社とは契約を続けたくないとも思った。
落雷が原因でモデムが故障したとき、新しいのに無償で変えてもらったのはよかったけど。

あと30分もしないで、つなげなくなるかな。
レンタルモデム、どうやって送り返そう。
author:混沌, category:考え事・感じたこと, 23:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
何かが足りない
足りない。何かが足りない。
あれほどたっぷり寝たいと思っていたのに、帰りの電車で寝すぎたせいか、まだ寝たくない。寝るのがもったいない。
何か満たされない。
満たされてるけど、満たされない。
JUGEMテーマ:日記・一般


author:混沌, category:考え事・感じたこと, 02:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark